食べ物

女性ホルモンとバストの関係

女性ホルモンとバストとは、大きな関係があります。
女性ホルモンが分泌され、それらがバストへと届けられることでバストアップしていき、胸を膨らませてくれるのです。
この働きが最も活発なのが10代のいわゆる思春期の頃です。
思春期に女性ホルモンが分泌されることで、どんどんバストアップしていき、女性らしい身体つきになるのです。

10代の頃、それほどバストアップせずに、そのまま20代へと突入してしまったという方もいるでしょう。
遺伝や体質も関係してきますが、要因のひとつとして、女性ホルモンの分泌が充分でなかったという可能性も否定できません。
特に近年の女性は、ストレスや睡眠不足、不規則な食生活などで、自律神経が乱れがちになっています。
10代の若い女性でも、過度な食事制限のダイエットをしているという方も少なくありません。
こうしたことが原因となり、女性ホルモンが充分に分泌されず、胸が充分に膨らまないのです。

思春期を過ぎてしまったら、もうバストは成長しないのかというと、そういうわけではありません。
確かに著しい成長は期待できないかもしれませんが、閉経期を迎えるまでは女性のバストはまだまだ成長するチャンスが残っています。
そのためにも、女性ホルモンを活性化させていくことが大切なのです。

女性ホルモンを活性化させるには、規則正しい食生活や、適度な運動、充分な睡眠が必要となります。
それらを土台にした上で、更にプラスアルファでオススメしたいのが、女性ホルモンを活性化させるサポートをしてくれる食べ物です。
有名なものでは、大豆イソフラボンが挙げられます。
女性ホルモンと似た構造をしているため、摂取することで女性ホルモンの働きをサポートしてくれます。
大豆製品に多くふくまれているので、納豆や豆腐など和食中心の食生活をしていれば、自然と摂取する機会が増えてきます。
また、最近特に注目されているのがプエラリアミリフィカというタイの山岳地帯に生息する植物です。
これは非常に希少性が高いのですが、大豆イソフラボンの何倍もの効果を発揮する、女性の若返りの薬とも言われているものです。
日本ではサプリメントなどという形でしか手に入れることができませんが、摂取をはじめて数日で胸にハリが出てきたという声があるほど効果の高いものなので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

MENU
Copyright(C)女性の悩みを解決する方法