食べ物

バストアップに効果的な生活習慣

大きくて美しいバストは女性の憧れです。
しかし成長期を過ぎてしまったら、出産をしたら、バストはもう大きくならないと諦めている方も少なくないでしょう。
確かに最もバストが成長をするのは、思春期から20歳にかけてであると言われています。
ですが、その時期を過ぎたからといってバストの成長が完全に止まってしまうということはありません。
生活習慣などによっては、その後もバストアップを目指すことは可能なのです。
では、バストアップに良いとされている生活習慣はどんなものなのでしょうか。

多くの女性が悩んでいる身体の冷えですが、これはバストアップには大敵です。
バストアップを目指すのであれば、身体を冷えさせてはいけないのです。
身体が冷えると、身体の血行が悪くなってしまい、結果的に栄養が体中に行き届きにくくなります。
バストを成長させるには、バストまで栄養を届けることが必要不可欠です。
ですから、入浴時はシャワーで済まさずにお湯にしっかりとつかるようにしたり、手首や足首を温めたりするようにして、身体が冷えないように心がけるようにしましょう。

バストに限らず、身体が成長するのは22時から2時にかけてであると言われています。
この時間は、もっとも成長ホルモンが分泌するために、少なくとも0時までには睡眠できるようにすると良いでしょう。

睡眠時やリラックスタイムの服装も重要です。
胸を圧迫するような下着や服装は、バスト周辺の血行を悪くするため、前述したように栄養が行き届きにくくなります
そのため、睡眠時には睡眠用の下着を着用したり、リラックスできるような服装をしたりするようにすると良いでしょう。
ノーブラで寝るという方もいるようですが、ノーブラの場合は胸が流れてしまって、形を悪くしてしまうことがありますから注意が必要です。
最も良いのは、睡眠時に着用するようなタイプのブラジャーを使用することです。

いかがでしたか?いくらバストアップに良いとされているサプリメントを摂取したり、エクササイズを行ったりしても、バストアップに良いとされている生活習慣ができていなければ、その効果を充分に得ることができなくなってしまいます。
ぜひ、ご自身の生活習慣を一度見直してみてください。

MENU
Copyright(C)女性の悩みを解決する方法